\消費者金融おすすめ1位/

トップページ

「家族に内緒でお金を借りたい」
「急な出費で生活費が足りない」

今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方にすぐに借りれる大手および中堅消費者金融をご案内します。即日融資や即日審査に対応している大手および中堅消費者金融ならスマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中堅消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

中堅消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中堅消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

借り入れの基礎知識コラム

本当に支払いに窮してくると、借りやすくて金利が高めの金融業者や銀行のおまとめローン等に、考えが偏りがちになります。生活資金に限れば、居住地の公的機関の融資も検討に入れてみてはいかがでしょう。全国の社会福祉協議会では低金利(3.0%以下)で貸付けを行っています。審査はありますが、該当するなら利用する価値は高いでしょう。社協の生活福祉資金貸付制度では連帯保証人を立てられれば無利子(利息負担ゼロ)となる点がありがたいです。こういった制度があることを理解して、誤った判断をしないように気をつけましょう。キャッシングを利用してお金を借りて、お金の返済が遅れるといったいどうなるのかと言えば、借りた額に付く高い金利を支払う上に遅延損害金を払わされたり、最悪のケースでは、ブラックリストに名前が入れられてしまいます。そんなことになってしまいそうな場合にはそうなる前に金融会社に相談することです。多くの場合、インターネットで申し込めるキャッシングはすぐに審査結果が出るので、当日に貸し付けてもらえます。申し込みから融資まで半日程度かかるので、午前中に申し込んでおけば、夕方にはご自身の口座に入金されていることも少なくないのです。とても便利なサービスですから、想定外の出来事で、早急にお金を工面しなければならない場合などにはキャッシングが力になってくれるでしょう。仕事帰りにお金が必要な時は、休憩中に申し込んでおき、仕事が終わってから振り込まれた貸付金を引き出すという使い方をしている人もいるようです。キャッシングという物は短い期間の小口融資を意味する物である事に対し、カードローンという物は長い期間の大口融資を意味するものといった風な所が違うと一般的に言われています。そのため、実際使う時にはキャッシングの定められたルールとして翌月・一括払いでの返済方法ですが、カードローンの場合は、長期返済可能なリボ払いという方法が主流になっています。それゆえ、使用するときの金利は一般的に高くなるのはカードローンの方になります。もしも、お金を貸せば、災難に巻き込まれることになるでしょう。名前だけでも借りることは好ましくありません。キャッシングを利用しようとすると年収証明書類を提出するように言われることがあります。提出したというのに貸せるのは、その年収の三分の一までだといわれてしまうわけです。そうなったら、次に考えるのは自分ではなく、他人名義でのキャッシングです。しかし、それはお金を借りるのとほぼ一緒ですから、やめてください。キャッシングをSMBCモビットで利用する場合、スマホはもちろん、携帯電話やインターネットからもお申込み可能で、審査結果も10秒程で確認できるようになっています。ヤミ金融なども多い中ですが、SMBCモビットは大手三井住友銀行のグループなので安心感があるという点も、利用者が急増しています。お金を下ろせる自動ATMも全国に10万台以上あり、お近くのコンビニから現金を引き出せます。「WEB完結」を利用して頂ければ、郵送や電話確認も必要なくキャッシングを利用頂けます。キャッシングと聞くと、クレジットカードのものを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。クレジットカードでキャッシングする場合、一括返済する必要があります。キャッシング枠は、ショッピング枠と比べて利用している人が少ないイメージですが、キャッシング機能だけのカードもあるのです。この場合、クレジットカードではなくローンカードという名前で呼ばれてますから、聞いたことがある方も多いと思います。クレジットカードのキャッシング機能ですが、クレジットカードのキャッシング枠の設定はそのクレジット会社が審査をしています。銀行のローンとキャッシングはどちらも現金を貸してもらえるサービスですが、キャッシングが優れている点は、最も手軽ということが挙げられます。キャッシングは基本的に、保証人も担保も必要ありません。それに、早ければ30分でお金を借りられることもあります。都合の良い方法で借入返済手続が取れるのも便利です。ですが、キャッシングの利便性の高さが良いことばかりとも限りません。何の苦労もなくお金が借りられるので、借入しすぎた結果、返済金を工面するためにキャッシングを繰り返す、といった負のスパイラルに陥る人も珍しくありませんから、節度を持って利用することが大切です。ご存知のように、本人確認できる書類を準備するだけでキャッシングの新規契約が結べます。ですが、希望借入金額が高額の方、あるいは個人事業主など、給与所得者でない方は、その他に収入証明ができる書類を用意しなければなりません。具体的にどのようなものかというと、会社員などは源泉徴収票を使えば問題ありません。源泉徴収票を用意できないというケースでは、課税証明書や確定申告書が必要になるので、あらかじめ用意をしておきましょう。キャッシングにおける審査では、本人確認や在籍確認はもちろんですが、書類確認、信用情報、属性等も審査項目に入っています。以上の項目を全て確認したうえで、きちんとお金を返済出来る人であるかどうか?判断するという訳です。仮に嘘の内容が発見された場合、信憑性に欠けるだけでなく審査の時点で落とされてしまうでしょう。特にいくつかの金融機関から多額の借金をしていたり、実は大事故を起こした事があるという場合は、ほとんどの場合、審査には通らないでしょう。

おすすめ1位のプロミス