\消費者金融おすすめ1位/

トップページ > 京都府

「急な出費で生活費が足りない」
「家族に内緒で申し込みできる?」

当サイトでは京都府で大手および中堅消費者金融を利用したい方に、人気の即日キャッシングをご紹介しています。家族や知り合いにバレないようにお金を借りるなら、即日融資や即日審査に対応している大手および中堅消費者金融がおすすめです。スマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中堅消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

中堅消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中堅消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

京都府の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

借り入れの基礎知識コラム

改正された貸金業法に基づいて、キャッシングの金利設定は、全金融機関で改正前より引き下げられました。それ以前の借り入れがある場合には、過払い金返還請求ができるかもしれません。この過払い金返還請求は時効前に行う必要があります。可能性があれば、完済後、返済中を問わず可能な限り早めに無料相談などでもいいので、専門家の判断を仰いで、過払い金返還請求の手続きに着手しましょう。キャッシングサービスというと、誰でも希望する融資が受けられると思いがちですが、実際は借り入れにも限度額がありますし、審査に必要な時間や融資までの時間、返済の方法といった点はそれぞれ違うので、ご自身の希望に適したキャッシングサービスを見付ける必要があります。でも、金融機関の数は意外と多いので、理想の融資をしてくれるところが見つかるはずです。総合情報サイトに代表されるような多くのサービスを比較できるようなホームページを活用すると選びやすいと思います。使用目的が何であろうと借りられるのがカードローンの良い面ですね。その資金を何に使うのか問われた際、返せる見込みのある目的であればどんな内容でも構いません。ですが、何かへの支払いという理由は使わないようにしてください。カードローンでの「事業資金」用途なども金融機関では理由としては全くもって不適切です。どんなに甘い審査のところでも断られてしまいます。金融機関の提供するキャッシングサービスに申し込む場合の必要書類は主に二つだけです。本人確認書類は必須です。具体的には、多くの場合で運転免許証が使われていますが、交付を受けていない場合はパスポートや健康保険証といった公的に発行されたものを準備しておきましょう。借入金が少額であれば本人確認書類だけでよい業者も多いのですが、条件によっては収入証明書類も必要になります。給与所得者の場合は給与明細書や源泉徴収票、所得証明書などが必要になります。キャッシングの審査に通らなくてがっかりしてしまったということはないですか?私はあります。でも、がっかりする必要はありません。キャッシングは、再審査を受けることも可能だからです。再度申し込んでみるとなぜか合格することもあります。過去に、30万円キャッシングで借入申込みを行ったのですが、断られました。想像するに、まだ社会人になりたてということもあり、そこまで信用がなかったのだろうと思うので、原因はそれだったんだろうと思います。仕方がないから、10万円借りることにし、それならオーケーと言われなんとか審査に通りました。キャッシングを一番安全に利用する方法は、借りる前から返済する予定がしっかり立てられているときだけ利用する、それ以外は利用しない、ということだと思います。お金が必要になった際に、キャッシングでお金を用立てようと思ったなら、次の月とその次の月の給与など、その予定を動かさないこと返し方の基本でしょう。個人で何らかの事業をしている人が必要に迫られてカードローンを使用するなら、雇用の契約をした人とは違いますから、安定収入があると評価するには難しい為に、希望する借入金額に関係なく、年間収入を示す書類の提出が必須です。税務署から収受日付印を押印した書類、たとえば所得証明書や確定申告書、住民税決定通知書、課税証明書等で、昨年の年収が記載している書類が使われます。お金を返済する場合には、様々な返し方が用意されています。具体的な例を提示するならば、返済を次の返済締め切りに一括でする基本的な計画プランである「1回払い」や、借り入れしたものを分割して「分割払い」で返済するなど、借金返済のやり方はいろいろあり、返済するやり方によって利子も違いがあります。金融機関からお金を借りた場合、利子を含めて返済する必要があります。この利子は契約時の利率を元に計算されますが、キャッシングの場合は借りた日数だけ利息がかかるので、短期間であれば、そのぶん少ない利息で借り入れることができます。このことを理解していれば、普段からキャッシングを利用しても、できるだけ早く返せば余分な利子を払わなくて済むので、気軽に利用できます。最大限、借入期間を短くするのがより便利にキャッシングを活用する際の要点だと言えるでしょう。返済できなければ利息が増える一方になりますから、返済の目途を立ててから上手にキャッシングを利用してください。

おすすめ1位のプロミス