\消費者金融おすすめ1位/

トップページ > 山口県

「急な出費で生活費が足りない」
「家族に内緒で申し込みできる?」

当サイトでは山口県で大手および中堅消費者金融を利用したい方に、人気の即日キャッシングをご紹介しています。家族や知り合いにバレないようにお金を借りるなら、即日融資や即日審査に対応している大手および中堅消費者金融がおすすめです。スマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中堅消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

中堅消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中堅消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

山口県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

借り入れの基礎知識コラム

家族や親族の急病で、ある程度高額なお金を急に用意しなければいけない。そんな困った状態に陥った時、でも、そのお金はどうやって用意したらいいのでしょう。信販会社で出しているクレジットカードなら、いいかもしれませんし、担保や保証人も不要な消費者金融のATMなどもあちこちにみられるようになり、頼もしい限りです。悪い噂を聞いたこともないので、安心できそうですし、短時間で借りることができる会社まであると言います。そんなことはないに越したことはありませんが、貯金と並行して借金の方でも色々なケースを想定して対策を練っておけば慌てずに済みますね。キャッシングしたお金は期日までに返さなければいけません。一括なら一手間ですが、分割だと何ヶ月かそれが続きます。面倒だなと思ったら、近くのコンビニATMで返しましょう。こんな便利なことに気づかなかったなんてと思うでしょう。外出先などで、銀行や消費者金融のATMが見つからないときに苦労して探す時間や手間はもったいないです。ATMがないところでは無理ですが、そうでなければ殆どのコンビニで返済が可能なので、安心してください。年中無休ですし、身支度しなくても適当な格好で行けますから、返済日に気づいて街を彷徨わなくて済むので心強いです。ただ、端末で発券するタイプだと利用時間が限られることもあるので、注意が必要です。銀行や信金等日本における金融機関の種類によって実際に借りることができる最高金額に違いがあり、小口の融資やすぐできる融資についてだけでなく、300万円や500万円などの大きい融資についても状況により受けられるようになっています。申し込みをしてから融資してもらえるまでの時間が短く、思った以上にスピーディーにお金を手にできるので、たいへん実用的になったと言えるでしょう。金融機関が発行する専用のカードを用いて借りるのが一般的に浸透している利用方法だと思います。キャッシング申し込みの際は、利用限度額も大切なポイントでしょう。利用限度額が50万円以下の場合、本人確認のために運転免許証1枚あれば契約することができるからです。しかし、希望限度額が50万円を超したり、他社からの借入と合わせた額が100万円を超すと、 収入証明書を提出せねばならず、 手続きが少々繁雑になるという訳です。カードローンを主婦の方が使うには、今後、返済できるだけの稼ぎがあるかが大切だと思われますが、今、職に就いていない方でも、ご主人の年収などを記入することでお金を借りられます。一般に、この制度を配偶者貸付と名付けていて、銀行などの金融機関が扱うカードローンも、このやり方を使い、たくさんの契約が取り交わされています。銀行とは違い、消費者金融の場合だとあまりこの制度を使った貸付というのは利用できないみたいです。比較的高額の現金を用意する場合、キャッシングよりも分割返済の使えるカードローンが便利ですが、カード申し込みの時点でそれぞれに見合った金額設定がされていて、その人あるいは家族の年収を基準とした3分の1までという貸し金の限度を定めた総量規制のために定められたこの法律により、金融業界の常識ががらりと変わったのです。カードの規制条件は、ローンカードだけのものではなくクレジットカードを含めたものなので、すべてのカードの、会社を超えた合算が必要で、契約中あるいは検討中まで含めた借入金が丸ごと決まってくるので例外はありません。実際の話、法改正後全てのカードの利用可能額が減ったことで、混乱も見られたようです。簡単に説明すると、カードローン契約の件数は規定がないものの、金額で50万円分が返済中の場合、計算は簡単で、年収の3分の1からカードローンなどで借りたお金を差し引くことで簡単に把握できることで、ローンやクレジットの知らぬ間の増大を防止する歯止め効果は大きいようです。夫が得る収入で返済するつもりで、主婦が借入を希望した場合には大変嬉しい、契約を秘密裏に進められる方法が存在するのです。その方法とは、配偶者の同意書の提出義務が無い銀行を選ぶ、ということです。同意書を提出しなくてはいけない法律はありませんが、銀行次第では提出を定めているところと、提出を求めないところに分けられます。カードローンの利用を知られずに行うには、配偶者の同意書不要とする銀行で契約をしましょう。二社の消費者金融でカードローンを組んでいるのが今の私の状況です。一社は十万円、もう一社が二十万円で組んでいて、毎月の返済に、二社合わせて二万円を充てているのです。けれども、どちらも最大利子で借り入れているので、どれだけ返済しても、利子を含めた返済額が少しも減らないのです。別の消費者金融に借り換えようとしましたが、結局、審査を通ることが出来ずに、諦めています。大した額ではないのですが、無計画のままカードローンに手を出してしまったことで、とても苦しんでいます。キャッシングとローンとは酷似していて混乱して同じものとして使っている人もいますが、本当は違います。キャッシングとローンの異なる点を説明します。キャッシングは自分が借りたお金を次月の返済日に一括で返済します。ローンは自分が借りた金額を分割で相手に返していきます。給料が入るまでの間に合わせ的にキャッシングを多く利用します。キャッシングと聞けば多くの方がカードローンと同じ意味合いだと思いがちですが、返済の方法が違います。一括で返済をするという目的でクレジットカードによって現金を引き出すのがキャッシングで、分割払いにかえる際はカードローンと呼んでいます。カードローンは毎月の返済は簡単ですが、利息がついてきますし、どちらも延滞の際にはご注意ください。

おすすめ1位のプロミス