\消費者金融おすすめ1位/

トップページ > 鹿児島県

「急な出費で生活費が足りない」
「家族に内緒で申し込みできる?」

当サイトでは鹿児島県で大手および中堅消費者金融を利用したい方に、人気の即日キャッシングをご紹介しています。家族や知り合いにバレないようにお金を借りるなら、即日融資や即日審査に対応している大手および中堅消費者金融がおすすめです。スマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中堅消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

中堅消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中堅消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

鹿児島県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

借り入れの基礎知識コラム

最近ではキャッシングに必要な書類や審査基準などがひところに比べると早いし、簡単になっていると思います。「甘い」といっても良いかもしれません。過去の融資審査といえば気が重くなるほどスローで、添付書類に不備があったりすれば、もう一度やり直しなんて苦労もありました。本当に、いまは違うと感じます。保証人不要というのがもはや普通ですからね。数十分以内に審査が終わって、借り入れできます。だからといって借りたい放題はできませんが、やはり青くなるほど苦労していた頃を思うと、嬉しい風潮だとしみじみと思わずにはいられないです。ちょっと前まではキャッシング申し込みの際に一番低い設定金額が1万円の会社がほぼ全てでした。しかし近頃では千円毎の申し込みができる会社も増加してもし一回目の借り入れ金額が1万円であったにしたってATMで出金する場合、千円単位を承認している会社もあります。もしバイトをしていなければ、同じ学生でもキャッシングで融資を受ける資格はありません。当然ですが、返済能力がない状態ではどこも貸してはくれません。ただ、現状としてアルバイトしていると偽って申込している学生も多いことは事実です。在籍確認もなく、公的な収入証明書もいらないため、嘘の審査が通りやすいのです。もし、嘘がそのまま通ってキャッシングできるようになったとしても、返済に充てる資金もないのにお金を借りてしまえば、面倒なことになりかねません。金融機関の提供するキャッシングサービスに申し込む場合、必ず身分証明書のコピーが必要になります。運転免許証が一般的ですが、これがない時にはパスポートや健康保険証が本人確認としての効力を持っています。ちなみに、どれか一つでよいので、用意しやすいものを使ってください。例えば、免許を持っている人であれば保険証の準備は必要ありません。また、数は多くありませんが、住民基本台帳カードや個人番号カード(マイナンバーカード)でも可能な業者もあるので、ご自分の用意しやすい書類で契約できる業者を探してみてください。多々ある金融機関の中でどこを利用するかでさまざまな理由から利用限度額が違っており、緊急の即日融資や小口融資だけにとどまらず、数百万ほどの大口融資や長期計画的な融資でもキャッシング利用限度額以内で受けられます。速やかに融資にまでたどり着くことができてどんなときもすぐに現金が手に入れられるので、たいへん利便性が高く、多くの人々に浸透しています。借入先の機関が発行するカードを利用して借りるというのが、一番簡単で便利な方法だと思います。急にお金が必要になった時、多くの人がキャッシングやカードローンを利用すると思います。ところで、この二つのサービスにおける、それぞれの違いが区別できず、混乱している人も珍しくありません。どのような違いがあるかと言うと、キャッシングは数万円程度の小口融資が基本になります。その一方で、借入限度額が数百万円という大口融資を基本として、返済が基本的に一括払いできないものが一般的にカードローンと言われます。こうした特徴を持つカードローンは、厳しい審査をパスできなければ利用できません。今のキャッシングはコンビニでも借金ができるものがかなり多いです。コンビニのATMコーナーでその場で借金ができるので、コンビニに行くついでにお金を借りることが出来て、人気上昇中です。返済する際も、コンビニで可能だという会社がたくさんありますね。キャッシングを使えば、一時的に必要なお金を用意することができ、その性質から、生活費、慶弔費、転居費用、入院費などに充てる人が多いようです。当然ながら、借りた元金や返済期間に応じた利息を上乗せして支払っていくことになります。キャッシングは簡単に現金を手にすることができますが、一括返済でない限り、今後何ヶ月かは財布を引き締める必要があります。必要な額だけを借りるよう、キャッシングで手にした現金は借金なのだとしっかり認識しておくことが重要なのではないでしょうか。テレビや雑誌などで複数の金融機関のキャッシング広告を見たことがある方も多いのではないでしょうか。実際にお金を借りたことがない人には、どこの金融機関のサービスも同じように認識されやすいのですが、金融機関によっては借入期間にキャンペーンを行っていたり、金利も異なります。これらの情報はあらかじめきちんと把握しておかなければなりません。適当にサービスを選んでしまうと、一度の融資ならすぐに返済できる額だとしても、その数が増えれば高額の返済に追われることになるため、気を付けましょう。改正された貸金業法で1社から50万以上もしくは複数社から100万以上のキャッシングをする場合は年収を証明する書類が必要ですが、裏を返せばそれより下であれば年収がいくらであるか証明しなくてもよいという解釈もできます。ただし、それより小さい額でも年収を証明するものがあるほうが望ましいとは考えられるでしょう。

おすすめ1位のプロミス